あるサステナビリティ企業の勘違い

最近はサステナビリティ方面で評価が高いと言われる、某青い缶の炭酸飲料会社が、あるCMを発表して炎上。したらしい。

これがそのCM。

内容を大まかにまとめるとこんな感じ。

  • 反戦・環境保護を訴えるデモ。あらゆる人種やセクシュアリティが参加する多様なもの。
  • 近くで撮影中の白人のスーパーモデルが、感化されて参加。
  • やがてデモ隊は機動隊が待つラインに近づき、緊迫した空気に。
  • そこでモデルの彼女が機動隊員に近づき、ペプシを手渡す。
  • ヒジャブを着た女性写真家が彼女の勇気に感銘受け、シャッターを切る。
  • 一瞬の躊躇いののち、隊員は缶を開け、ペプシを飲むと、デモ隊が歓喜に沸く。

衝突は回避され、メデタシメデタシ。

これに対しSNS上では、過去のデモで起きた警察の暴力のシーンに、「彼にペプシを渡せば収まる」などとCMのおめでたさを揶揄するコメントが拡散。
英ガーディアン紙が報じてます。

愚かすぎる。
あまりにも愚かすぎる。

そもそも、デモ隊は当初の要求が通ったわけではないよね?衝突してでも訴えるべきことがあるんじゃない?というツッコミを置いておいて、ここで問題にしたいのはこの企業の市民社会に対する姿勢。

いや、企業がソーシャルに目覚めることは大切ですよ。

目覚めるだけでなく、よりサステナブルなビジネスモデルにシフトすることも大切ですよ。

そしてそのシフトが正当に評価されてしかるべきとも思います。

でも、だからと言って、大企業が社会正義を求める活動家や社会課題の当事者の側に立てるとか、彼らと権力の間の仲裁に入れるなどと思うのは、大いなる勘違い。
あくまでも、企業は彼らからの批判的な視線に対して申し開きを試みる立場にあるという謙虚さを失ってはいけない。
ちょっと褒められたからといって、思い上がっちゃいけない。

長いこと社会や環境に害を与えて儲けてきたタバコ会社や石油会社などが市民運動を侮蔑するのは、ある意味理解できる。

サステナビリティを標榜する企業の上から目線が垣間見えると、欺瞞性が高くなる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中